債務整理とは?費用、料金が気になる方は必見!

債務整理の弁護士費用と評判について

債務整理とは?

●債務整理で借金を減額する

現在借金問題に苦しんでいる人は多いのですが、一方で実は苦しむことなく借金は整理できるのだという事実は、あまり多くの人には知られていません。

例えば、借金が多額で返済に困窮した場合「破産手続」と呼ばれるものを行う場合がありますが、この「破産」と言う言葉の持つ響きをネガティブに捉える人が多く誤った知識を持ったままでいる人が多いのも事実です。

しかし、「破産」は借金を抱えて身動きが取れない人を解放するひとつの有用な手段でもあるのです。破産以外にも、どうしても家だけは手放したくない、あるいは利息は払えないけれど借りたお金は返したい、というそれぞれの場合の解決方法があります。

それが「債務整理」です。「債務整理」とは、一度法的に借金を見直すことによって、借金で困っている人が無理ない生活を送れる様に再生させるという方法を意味します。債務整理の主な方法には「任意整理」「民事再生」「自己破産」があります。

それぞれの内容をよく理解し、どれが自分にあったベストの方法か良く検討することが大切です。例えば、「自己破産」は借金が全て消えますが、財産の処分をしなくてはならないというデメリットもあります。

借金をとにかくなくしてしまいたい、というのなら「自己破産」が一番ですが、金額や借り入れ件数が比較的少ない、あるいは「自己破産をするほどではないけれど毎月の返済額は減らしたい」というような人には「任意整理」の方法がよりお薦めできます。

「任意」とは文字通り裁判所など公的機関を通さず債務者と債権者の間で利息や支払い額の交渉を行い、借金の額を減らすことを意味します。また「任意整理は無理だけど破産は避けたい」という人や、「車や家を手放したくない」という人はこれから先の支払いプランを見直すことができる「民事再生」の方法を選ぶと良いでしょう。

その特徴はなんと言っても住宅を手放さずに生活を再建できることです。住宅ローン以外の借金が減額され、以後の利息もカットされます。「民事再生」については、弁護士に依頼することによって訴訟自体を代理で行ってもらえるというメリットがあります。

司法書士の場合は必要書類を作成することは出来ても訴訟代理権は無いため、地方裁判所には債務者自身が出向かなくてはいけないというデメリットがあったのですが、弁護士への依頼によりその負担を大きく減らすことができるようになったのです。

行動しなければ現状は変わらない

債務整理で借金の問題を解決する事ができる事が分かりましたよね。弁護士に依頼して債務整理を行っている人は多く、その方達はまず最初にする事があります。それは、『行動すること』です。このサイトを見ている方は借金の問題を解決したいと思っていると思います。

なので、このサイトで借金の問題を解決できる方法はないかと調べるといった行動をしたのです。この行動を繋げていく事が借金を解決する道を繋げてくれるので、少しでも気になる事があればネットなどで調べる、弁護士に相談するなどしていきましょう。何もしなければ何も始まりません。借金を完済したい思っているだけでは完済できません。行動する事で借金は減額する事、完済する事はできます。

ですので、借金の問題を解決するための『第一歩』を踏み出す事は大切になってきます。そうすることで人生をやり直す事ができる、肉体的、精神的にも楽になる、趣味などにお金を使う事もできる・・・など、自分のためにお金を使うことができるようになるのです。まずは弁護士に相談するという第一歩を踏み出してみましょう。後からその行動の大切さに気がつくと思いますよ。

債務整理を得意としている法律事務所ランキング

 総合評価  ★★★★★
 着手金  無料
 任意整理の費用  139,000〜
 自己破産の費用  280,000
 過払い金報酬  16%〜18%
減額報酬なし、全国対応、相談無料、土、日、祝日営業で銀行カードや18%以下の金利の方でも任意整理が可能なアヴァンス法務事務所。女性専用窓口あり!
 総合評価  ★★★★☆
 着手金  無料
 定額報酬  5,250〜52,500
 自己破産の費用  26,2500〜
 過払い金報酬  19.95%
消費者金融が恐れる司法書士にて日本一に選ばれている杉山事務所。過払い金請求を得意としており、『迅速な回収』をモットーに手続を行ってくれます。
 総合評価  ★★★☆☆
 着手金  1社|30,000
 和解成功報酬  1社|20,000
 減額報酬  10%
 過払い金報酬  20%
事務所がアットホームな感じで、気軽に相談しやすい環境の樋口法律事務所。男性と女性の弁護士がいることから、女性の方のご相談が多いようですね。

債務整理を選べば利息返済が不要

●弁護士、司法書士に相談するのが解決へと繫がる

借金というのは、基本的に利息が付くものです。たとえば、親から借りた場合や親戚から借りた場合など、親族間の借金であれば、ある時払いの催促なしということで、利息も付かずに元金だけ返済すれば済むことが多いですが、金融業者から借り入れを行った場合、当然、返済は利息を含むことになります。

なぜなら、利息を取ることで金融業者は営利企業として利益を得るからです。しかし、ある場合によっては、金融業者に利息を返済しなくて済むことがあります。

それは、債務整理を行った場合です。債務整理の一つに、任意整理というものがあります。これは、返済が難しくなった債務者、または債務者の代理人と金融業者が話し合い、現在の債務から減額して、返済を行うようにするというものです。

この場合の減額ですが、元金が減るというケースもありますが、基本的には、元金はそのままで、利息と、もしあるなら遅延損害金をなくした額になる場合が多いです。

たとえば、元金が100万円、利息が30万円で、合計130万円を返済しなければならないという場合、利息の30万円はカットして、100万円だけ返済すればいいとなるわけです。

以上のことから、返済に行き詰まった場合は、債務整理を選択した方がいいケースがほとんどです。おまとめローンと言って、多重債務がある場合、一社からまとめて借りて、それで各金融業者の債務を返済し、最終的に、借入先を一つにするというのも、増えすぎた借金を返済する場合、有効な手段と言えますが、この場合、利息をカットすることが出来ません。

というのは、たとえば、まず任意整理を先に行って利息をなくし、その後、どこかの会社とおまとめローンの契約を行おうとしても、任意整理を行ったという情報は事故情報として信用機関に登録されるため、おまとめローンの契約を断られる可能性が高いからです。

なので、もし、おまとめローンを組んで、返済出来るならばそうしてもいいですが、元金の返済がぎりぎりで、そこに利息が乗ってしまうと返済が難しくなるという場合は任意整理を選んだ方がいいでしょう。任意整理は、個人で行うことも不可能ではないですが、弁護士や司法書士に依頼するのが一般的です。